« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

デジタル一眼レフ用ホルガシフトレンズ

構想2年、製作2日(笑)の改造レンズが完成した。

070226_1_1

070226_2_1

070226_3_1

070226_4_1

070226_5_1

一眼レフにホルガレンズをくっつけるだけなら簡単だが、タイリング撮影の為に上下11mmのシフト構造をつけ、近距離撮影を可能とするためヘリコイドを延長、ワイコンもとりつけた。

070226_6

近鉄百貨店屋上での作例。上下二枚の合成で、2000万画素オーバー。35mm判換算で、32mmから35mmくらいの画角となる。意外にまともに写りすぎるので、要改良か(笑)。

070226_7

2007年2月16日 (金)

解体中

毎年恒例、年度末は忙しい。

ブログを書く暇もないくらい忙しいかと言えば、けっしてそうではないが、夜はジムから帰ってくると、疲れて早く寝たいと思う。ジムに行かない日でも、パソコンに向っても気力が湧かない。
毎日、ブログを更新したり、mixiに書き込んだりする方々をみると、感心するばかりだ。しかし、愚痴やつぶやきばかりの人もいるから、毎日のように書き続けることが、気持ちのはけ口として機能しているのだろう。

さて、写真のほうは、ぼちぼちというところ。なにか新しいアイデアは無いかといつも考えている。
去年は初のデジタル撮影による個展だったので、HDRやタイリングといったデジタルならではの技法を尽くし、プリントの仕上がりで人をアッといわせようと努力した。
しかし、そういう方向で突き進もうとすると、次も人をアッといわせる技法を考えねばならず、やがてアイデアも枯渇してしまう。

この先も、体験的な視覚を得ることができるA0サイズくらいのプリントサイズは維持したいので、基本的には高精細なイメージを獲得すべく努力する。例の、めんどくさい撮影法は維持しなければならないだろう。
しかし、最近ポラロイドSX-70やポラホルガなどの展示作品を見るにつけ、色相のずれたぼやけた世界が人間の感情に訴えかける力に驚いた。かといって、いまさらSX-70を買いに走るわけにもいかないので、デジタルカメラでそのテイストだけでも表現してみたいところではある。

軍艦アパートもいよいよとなった。デスクトップピクチャーで失礼。処理はこれから。

070216_1

部分アップ。

070216_1_2

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31