« EF16-35mm 1:2.8LⅡその3 | トップページ | EF16-35mm 1:2.8LⅡその5 »

2007年5月15日 (火)

EF16-35mm 1:2.8LⅡその4

大阪日本橋電気屋街の裏手。

_k3r5190
画角23mm、f11、ISO400、AWB、DPPナチュラル、シャープ設定4。
後で大きくリサイズする場合、RAW現像時にシャープネスをかけてはいけないのだが、フォトショップのスマートシャープなどと比べて、
DPP現像時にシャープ設定したほうがノイズは少ないようだ。

部分。
_k3r5190_1

レイヤー構造。
_k3r5190_2

よく考えたら、廃業するニノミヤ無線本店の通用口側だったようだ。ニノミヤにはよく世話になったから、ちょっと悲しい。

こういう場所を撮っていると、通行人に「この人何撮ってんの?」と笑われるのにはムカついてしまう。
ところが、以前、路上に滴る誰かの鼻血を撮影していたときには誰にも何も言われなかった。

危ない奴と思われたようだ。

« EF16-35mm 1:2.8LⅡその3 | トップページ | EF16-35mm 1:2.8LⅡその5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EF16-35mm 1:2.8LⅡその3 | トップページ | EF16-35mm 1:2.8LⅡその5 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31