« 1DsMarkⅢ | トップページ | デザインがわかるNO.4 »

2007年12月15日 (土)

1DsMarkⅢ&PC-Distagon

新歌舞伎座前で試写し、RAWをDPPで現像、
F11、1秒のコマを抽出しました。
071215

約400%拡大。ネクタイの柄まで確認できるのには驚愕です。
071215_1

最近使わないTS-E45mmを売って、中古のPC-Distagon35mmF2.8(西ドイツ製)に交換しました。1980年頃開発されたYASHICA-CONTAX用のレンズなのに、これに勝る現行レンズはほとんど存在しないでしょう。シフトレンズなのでイメージサークルが広いが周辺まで流れもなく、Canonの広角レンズでは盛大に出る倍率色収差もほとんどありません。もちろん中心画質はため息がでるほど優秀です。35mmF2.8の地味なスペックなのに収差補正のためにコストを無視し、ズームレンズ並みに構成枚数が多いです。近距離補正機構も内蔵して30cmまで寄れる、ある意味万能レンズといえます。しかし、なぜかすこし歪曲があるのと10mmづつしかシフトしないのが惜しいですね。

ともあれ、フルサイズ2100万画素を生かせるレンズが手に入りました。

« 1DsMarkⅢ | トップページ | デザインがわかるNO.4 »

コメント

ご無沙汰しています。
最近ヤシコンのDistagon35/1.4AEGを手に入れましたが,明らかに解像感がありません。
シャープさを求めるレンズではないと思いますが,安物のEF35/2よりも劣っているのではとさえ思えます。もちろん先に手に入れたD35/2.8の方がずっといい感じです。
PC-D35/2.8はほとんど見ません。っていうか今だかつて見たことありません。比べてみたい気がします。
諏訪へ調整に出したほうがいいのかな。

takamiさん、お元気ですか。

CONTAXのディスタゴン35mmf/1.4は、使ったことありませんが、双璧といわれるLEICAのズミルックスR35mmf/1.4は使っていました。

開放から文句の無い描写でしたが、現在のように液晶ディスプレイで等倍観察すると、見た目の解像感は悪いものだったかもしれません。わたしもエルマリートR35mmf/2.8のシャープな描写のほうが好みだったので、ズミルックスはすぐ売ってしまいました。

あと、ミノルタMCロッコール35mmf/1.8も期待して使ったのですが、開放付近の描写はライカとくらべものにはなりませんでした。

EF35mmf/2.0は、The-Digital-Picture.comというサイトのレビューをみると、落胆します。単焦点なのにf/2.8に絞ってもズームのシグマ28-70f/2.8EX DGの35mm付近f/4とタメくらいです。
http://www.the-digital-picture.com/Reviews/ISO-12233-Sample-Crops.aspx?Lens=122&Camera=9&FLIComp=1&APIComp=2&LensComp=367&CameraComp=9&FLI=0&API=2

それと京セラCONTAXの調整は、もう以前のような正式な調整はできないらしいです。すべて日研テクノあたりの指定業者送りみたいです。

レスありがとうございます。
あまり元気はありませんが,なんとか生きて写真を撮っています。

面白いサイトをご存知なんですね。かなり楽しめました。
D35/1.4,過剰に期待しすぎたのかもしれません。
色ののりは好みなので使っていこうと思いますが,調整が期待できないとお聞きしてがっかりです。
さて,どうしようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1DsMarkⅢ | トップページ | デザインがわかるNO.4 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31