« 謎のBEROGON 35mm f/3.5 | トップページ | コンパクトデジホルガ »

2008年2月28日 (木)

CONTAX Tessar 2.8/45 T*

ヤシカ・コンタックス時代のパンケーキ・レンズです。以前にくらべてずいぶん安くなり、1万円台で買えるようになりました。
080227_1
コンタックスレンズにはAEタイプとMMタイプがありますが、初期型であるAEタイプしか持っていません。その理由は安価であることなので、安ければMMでもかまいません。しかしこのテッサーはAEタイプでなければなりませんでした。

アダプターでEOS1DsⅢなどに使った場合、無限遠位置では、ほぼ100%の確率でミラーがレンズ後端に接触して使えないのですが、AEタイプのテッサーは接触しない場合があると聞いていたからです。
080227_2

とりあえず、使用できるかどうか、ミラーが当たる部分に荷造りテープを貼ってカメラに装着してみます。こういう場合、いらない銀塩EOSで実験します。
080227_3_2

080227_4
結果は、無限遠OKでした。これでOKということは、1DsⅢでOKなことは確認済みです。ちなみこのEOS650は、ワゴンセールで1500円でした。

もう一枚テープを貼ってみましたら、これはダメでした。
080227_5
ということは、荷造りテープ一枚半くらいのクリアランスしかないようです。

EOS1DsⅢだともうすこしクリアランスがありそうですが、ギリギリには違いありません。アダプターやボディの公差もあり、たまたま運が良かったのかもしれません。
080227_6
このレンズはマウント面からの高さは18mmしかありません。ぺったんこすぎるので46mmのステップダウンリングをかまして、46mmのフィルターをつけましたら、ちょっと先細りになってかっこ良くなりました。この46mmフィルターは往年のコンパクトカメラの定番サイズなので、中古店でいろんなメーカーのものが見つかって楽しいです。これはNIKOというメーカーで、100円でした。

« 謎のBEROGON 35mm f/3.5 | トップページ | コンパクトデジホルガ »

コメント

テッサー2.8/45T*はなかなかいい姿していますね。
しかし,クリアランスがテープ1枚分とは・・・。私のD35/1.4はミラーボックスに干渉していることが分かり,旅立ってしまいました。代わりにEF35/1.4Lです。私にはアダプタ遊びはちょっと危ない遊び過ぎます。よい子なのでしばらく反省して真似はしません。

ディスタゴン1.4/35は、やはりフレアカッターの先が下側にこすれたのでしょうか?
それだったらほんの少しダイヤモンドヤスリで削って、黒染めすればまったく目立ちません。
うちのディスタゴン2.8/28などはテッサー以上にギリギリで、レンズ前方から手でグイと圧力をかけてシャッターを切るとミラーが当たります。

私も神経質なので、大切なカメラや腕時計に傷がつくと、自分の心が傷ついたかのように感じてしまいます。
でも、そういう繊細さこそ自分の作品に反映されている個性だと感じています。

そうです。フレアカッターというのですね,あの部分は。あの出っ張りが少しだけ干渉していました。削れば何とかなるとは思いましたが,とてもキレイなレンズだったので手を入れるのがためらわれました。
神経質なのは自分ではどうしようもないです。病的だなと思ったりしますが,これも自分なので仕方ないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謎のBEROGON 35mm f/3.5 | トップページ | コンパクトデジホルガ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31