« ホームページ | トップページ | 大阪写真月間2008 »

2008年5月13日 (火)

Rodagon 135mm Shift

ローデンシュトック製の引伸しレンズであるRodagon 1:5.6 f=135mmは、知る人ぞ知る高性能レンズです。それは引伸しや複写用途に限らず、風景写真などの無限遠でもなかなか優秀な描写(作例)を示します。

追記
23年前のカタログがでてきました。当時は旭光学(Pentax)が代理店でした。
Roden
定価7万だったんですね。

以前は中判カメラで改造使用していたのですが、こんどはニコンマウントにハッセルレンズを取り付けるシフトアダプターを利用して、タイリング用のシフトレンズを作りました。
080512_1

080512_4
まだ、インフ調整はしていませんが、ほぼ完成です。

このシフトアダプターは、任意の方向にぐるぐる回せて20mmずらせるのですが、片方向のみなので、タイリングで左右にずらしたい場合、いちいち180°回転させなければならないので使いにくいものです。

そこで、レンズ自体を最初から10mmオフセットしておき、そこからフルにシフトさせると、反対方向に10mmのシフトしたことになります。
→方向に10mm
080512_2

←方向に10mm
080512_3
最近は、デジホルガなど「ゆる系」の改造ばかりでしたが、ぼちぼちと真面目な道具の改造にとりかかっています。試写がたのしみですが、試写待ちの改造物件がほったらかしなので忙しいです。

« ホームページ | トップページ | 大阪写真月間2008 »

コメント

お久しぶりです。
このメーカーはなかなか魅力的なグッズを出してますよね。
あの、ボールヘッドみたいにグリグリ自由に動かせるやつが欲しかったりします(^^;
ロダゴン、長めのを大判で使ってみようかと妄想しています。

おひさしぶりです。

さすがドイツ製というか、一見カチッとしたつくりなのですが、回転部分がぐらついていたりします。シフトのロック機構も独創的ですが、使いにくいだけだったり。

ロダゴンは運良く中古がみつかればいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームページ | トップページ | 大阪写真月間2008 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31