« Componon-S 100mm Shift 作例2ほか | トップページ | こんどは150mmシフト&作例 »

2009年1月31日 (土)

Componon-S 100mm Shift 作例3

また、投稿をさぼっていますが、ちゃんと写真は撮っています。
そこでまたコンポノンの作例です。コンポノンは回転ヘリコイドのうえに普通絞りという、戦前のライカレンズみたいな作りのため、使いでの悪さに困っていましたが、改造を加えて直進ヘリコイドにしました。
090130
絞りレバーの右横に丸棒で作ったガイドがみえますが、これが内側のヘリコイドを貫いています。

作例は、絞り11で段階露光した約20枚のレイヤーで作りました。右端の橋脚部分はピントの送りカットを重ねています。
090130_1

部分アップをみてみましょう。
090130_2_2

090130_3_5

090130_4

090130_5
解像感、色乗りは良好で、純正レンズに引けを取りません。ボケは二重線がでるのでダメですが、これが数千円で買った引伸しレンズだと考えると、高価なレンズを買うのはアホらしくなってきます。

« Componon-S 100mm Shift 作例2ほか | トップページ | こんどは150mmシフト&作例 »

コメント

いつも拝見して思うのですが、凄い解像感ですね。
超大伸ばししたときに、押し寄せてくるものがありそうです。
目で見るよりもクリアというか。
二枚目の右側にモアレというのでしょうか、
デジタル素子特有のものですかね。

私は今夜、一通りプリントが終わりそうです。
432mm幅ですが、色々と大変でした。
前回の中東さんの個展は900mmですから、相当ですね。
データを用意するだけじゃない、大型プリントの大変さが身にしみて分かりました(^^;

焼き直しも頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Componon-S 100mm Shift 作例2ほか | トップページ | こんどは150mmシフト&作例 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31