« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

水没プラナー

以前紹介したドイツ製のシフトアダプターを改良してみました。組み合わせたのはハッセルのCFプラナー2.8/80mmです。外観は極上品でしたが、シャッター不動のためジャンク価格でした。レンズの状態は少しバル切れの兆候がありますが、曇りもありません。
090330_1
そこで、自分で修理しようと持ち帰ったのですが、分解しようとしてもカニ目の工具が歪んでしまうくらい固くて分解できません。そこで固着した部分にシンナーをたっぷり染ませて一晩置いておいて、翌朝にはなんとか分解できました。そしてレンズシャッターユニットを取り出し、リグロインに漬込んでおいたのですが、まったく動きそうにありません。

とりあえず分解してみると、シャッター幕は見事に錆びて溶けていました。残念。
090330_11_3
絞りのほうはなんとか生きていましたので、普通絞りとして復活させることができました。

まあ、用途としてはシフトアダプターに装着することでしたから、問題はありません。アダプターのロック部分のアップです。V型のレバーで巧妙に固定・解放されます。
090330_2

元は片方向の20mmシフトでしたが、使いやすくするために両方向に11mmずつのシフトとしました。三脚座や余分な部分は切り落とし、ロック部分の位置を下げてあります。
センター位置。
090330_3

下方に11mm。
090330_4

上方に11mm。
090330_5

早速、試写してみました。例によって左右のタイリング撮影です。HDRではなく、DPP現像した画像をフォトショップつなぎ合わせ、レベル調整だけしてあります。

門真南の歩道橋です。f8、10秒。
090331_1

部分アップ。
090331_2

同じく歩道橋。f8、30秒。
090331_3

部分アップ。うーん、すごい質感描写です。
090331_4

道路工事現場の配電盤。たしかf4、15秒。
090331_5

部分アップ。配電盤内部のメーターに2146と打たれた番号が読めます。
090331_6

画面からは伝わらないかもしれませんが、いままでデジタルカメラに使ったレンズの中では、最高の描写を示しています。
国産レンズなどとくらべて解放付近のコントラストがやや劣ります。拡大してみると、100%くらいまではコントラストの高いレンズのほうがシャープに見えることがありますが、200%、300%とあげていくと、並の解像力のレンズはボケていきます。一見甘く見えたプラナーのほうは、ちゃんと解像しています。解放付近でもハロっぽさのなかにもちゃんとピントの芯があるという感じです。絞り込んでも良いのは言うまでもありませんが、f11以上は回折限界でピントが悪くなります。諧調表現も、レンジが広くなめらかに感じられます。HDRにする必要が感じられませんでした。

とにかく、ピントのあった部分の立ち上がり方はぞくっとする感じです。空気感や質感も際立っており、なぜ、こんなに違うのか不思議なくらいです。フィルム時代にはこの事実に気がつきませんでした。

2009年3月 3日 (火)

TS-Eシフト部の調整

キヤノンTS-Eレンズのシフト部分が、重いコンポノン150mmを取り付けてガタが顕著になってしまいました。分解洗浄してグリスアップしても直りませんので、調整しました。

こういうスライダー形式の可動部にはカミソリとよばれるパーツがあり、通常はその調整によって適正なクリアランスを確保しています。しかし、TS-Eレンズではこのパーツが固着材とネジで固定されており、動くようにはできていません。そこで、ガタがなくなるよう内側にプレッシャー利くようにネジを取り付けました。このネジは本来はホローセットにすべきですが、手元にありませんのでM1.7ネジで代用です。
090303
また、カミソリの接触面もテフロン樹脂にすべきですが、最初からそういうメインテナンス性は考えられていないようです。

2009年3月 2日 (月)

こんどは150mmシフト&作例

コンポノンの150mmが格安で手に入ったのでシフトヘリコイドにくっつけてみました。
090302
これは4×5の引伸しレンズですが、写りの方はどうでしょうか。さっそく中山製鋼所に試写にでかけてきました。絞りはF11のHDR撮影です。
090302_1
カメラの背面液晶での確認では、どうもピントが良くない印象でしたが、RAW現像してみると伸ばしレンズらしい諧調に優れた画像が現れました。シャープネスも必要十分です。ただし、周辺はケラレがでており、長い焦点距離はこれくらいが限界のようです。

部分アップです。
090302_2

090302_4

090302_3

結構重いレンズで、シフト部に負担がかかっているようなので、また別のヘリコイドに組み込んでみようと思います。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31