« こんどは150mmシフト&作例 | トップページ | 水没プラナー »

2009年3月 3日 (火)

TS-Eシフト部の調整

キヤノンTS-Eレンズのシフト部分が、重いコンポノン150mmを取り付けてガタが顕著になってしまいました。分解洗浄してグリスアップしても直りませんので、調整しました。

こういうスライダー形式の可動部にはカミソリとよばれるパーツがあり、通常はその調整によって適正なクリアランスを確保しています。しかし、TS-Eレンズではこのパーツが固着材とネジで固定されており、動くようにはできていません。そこで、ガタがなくなるよう内側にプレッシャー利くようにネジを取り付けました。このネジは本来はホローセットにすべきですが、手元にありませんのでM1.7ネジで代用です。
090303
また、カミソリの接触面もテフロン樹脂にすべきですが、最初からそういうメインテナンス性は考えられていないようです。

« こんどは150mmシフト&作例 | トップページ | 水没プラナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんどは150mmシフト&作例 | トップページ | 水没プラナー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31