« EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記5 | トップページ | EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター試写2 »

2010年7月29日 (木)

EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター試写1

先日、シフトアダプターの試用がてら、前から気になっていた長堀橋の「装甲ビル」を撮影してきました。
100729

100729
レンズはゾナー2.8/150mmです。4枚合わせにすると、35mm判に換算して75mmくらいかと思います。シフトは長辺方向に+−17mm、短辺方向に+−11mm、4枚合わせでHDR作成ですから、いままでの倍は時間がかかるうえにフレーミングがとても難しくなってしまいました。

遅くなるので1カットのみで帰宅。さっそくC1で現像してチェックしました。
100729_1
まずは8秒露出の4枚を選び出してPhotoshopに展開してみます。

左下の一枚のキャンバスを4倍に拡大して残り3枚を配置します。
100729_2

100729_3
一見、ズレがあるように見えますが、これはシフト量のばらつきです。問題となる合わせ目のズレは感じられません。

合わせ目を拡大表示してみましょう。
100729_4

100729_5
差の絶対値で表示してもほとんどズレがありません。シフトアダプター自体の精度が問題ないことは、この一点だけでもわかります。精度に問題がある場合、合わせ目のどちらかがボケたりします。レンズは周辺までシャープで、周辺減光もありません。しかし、周辺部の光源にはすこしパープルフリンジが出るようです。また、ゾナーレンズ全般に言えることとして、十分にハレ切りをしてやることが必要です。

早速、HDRに仕上げてわずかにパース調整してみました。レイヤーを保ったままでは軽く2Gを超えるファイルサイズなのでMacBookごときには荷が重い作業です。
100729_6

100729_7
500%拡大状況です。これはハト除け金具でしょうか。

« EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記5 | トップページ | EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター試写2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記5 | トップページ | EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター試写2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31