« EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記3 | トップページ | EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記5 »

2010年7月 7日 (水)

EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記4

さて、パーツがそろったら塗装します。
本当はアルマイトをかけたいのですが、またの機会にチャレンジしたいと思います。各パーツは脱脂・乾燥のうえ、マスキングして棒の先に吊るしてうす塗りを重ねます。
C10

C9
塗装は、簡単でアルミに食いつきの良いグラファイト系塗料を使いました。

塗装後の仮組状態です。
C3

C4
かなり動きに難がある状態ですが、このままレンズを付けた状態をチェックしていきます。

装着レンズはFゾナー2.8/150mmです。このレンズは意外に軽いもので、660gほどでした。外観はプラナー2.0/110mmと同じですね。
C8
EOS5DⅡに装着すると、計算通り僅かにオーバーインフを示します。当初は、各部の動きに引っかかりがあり、まともに動かない状態だったので、アリ溝のクリアランスをゆるく調整していのですが、それが逆にシフトギアとの平行度を崩して、動きを悪くしていました。まあ、そのシビアさの原因はシフトギアが「片持ち」状態にあることですから、Zoerkのシフトギアの位置のほうが理にかなっていたようです。見た目は片持ちのほうがカッコいいのですが。

まだ完成ではありません。

« EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記3 | トップページ | EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記3 | トップページ | EOS用シフト付きハッセルマウントアダプター製作記5 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31