ニコンサロン

2006年10月28日 (土)

搬出

大阪展の搬出は、水曜日となる。
搬入と違い、作家は来ない場合も多いが、私の作品は箱詰めにちょっとコツがいるので立ち会うことにした。

ニコンサロンが開いたのは、訳あってというか、新幹線の事故のせいでスタッフが遅れ、午後2時過ぎだった。
昨日までのとおり、壁面に私のプリントが並んでいる。名残を惜しむように、もう一度全部をみわたしてみる。

搬出の開始。プリントを外して床に並べ、箱に収めていく。
061027_1

こういうふうに、箱の四隅を貫通しているステンレス棒に、プリントのハトメ穴を通していく。穴の位置はピッタリそろえてある。
061027_2

ステンレス棒は、蓋も貫通させなければいけないが、しなりがあってうまく通らない。
061027_3

この紐は棒に引っ掛けてある。
061027_4

こうやって引っ張りながら蓋の穴に通し、蝶ねじで締める。
061027_5

さらに、ねじ釘で締め、補強板をして完成。今回の個展で、一番の作品はと問われたら、この箱であると答えます(笑)。
061027_6

ここまで3人掛かりで一時間ちょい。お疲れさまでした。つぎの展示が始まったので、少しだけお手伝いして帰りました。
また来る日まで、サヨナラ。
061027_7

2006年10月24日 (火)

大阪アンコール展終了

写真展「サヨナラ軍艦アパート」、本日すべての日程を終了しました。

9月5日〜11日の新宿ニコンサロン、10月12日〜24日の大阪ニコンサロン、ともにたくさんの皆様にご来場いただき、ありがとうございました。

思えば、去年の今頃、撮影機材をすべてデジタルに改めて試行錯誤していたころ、解体近しのニュースを聞いた軍艦アパートに、久しぶりに向かったことが思い出されます。それから何度か足を運び、本格的に撮り始めたのは今年の1月からでした。

撮影手法も、それまで銀塩で限界を感じていた部分をフォローすべく実験を繰り返し、タイリングで大判カメラ並みの解像度を、HDRでネガ・フィルム以上の諧調を実現しようと試みました。

撮影とパソコン作業に明け暮れ、なんとか形になった4月初旬、アサヒカメラ編集部とニコンサロン事務局に作品を持ち込み、今回の個展へと動き始めました。

三年半ぶり二度目の個展は、その内容やプリントの出来等、まだまだ納得できるものではありません。次の発表では、より洗練された完成度の高いものを目指したいと思います。

061024_1

061024_2

061024_3

061024_4

061024_5

061024_6

061024_7

2006年10月20日 (金)

2週目

木曜日、午後から仕事を休んで会場に向かった。
途中、水了軒で好物の赤飯弁当を買った。風邪がすっきり直らず、あんまり食欲がなかったからだ。

芳名録やメッセージ帳をチェックして、食事をとる。ここ大阪ニコンサロンは、作家がゆったりしながら、お客の出入りを確認できるスペースがあるので、とても楽だ。新宿展では、昼飯を食べる暇はほとんど無かった。

展示も後半を迎えた平日なので、さすがにお客はすくないが、ときおり知り合いも来てくれた。
ときどき、ひとりになって自分のプリントを見ていると、いつもと違うようにみえる。何週間も人の目にさらされた為なのか、不思議な感慨だった。

土日は朝から在廊予定です。
月曜日と最終日の火曜日は、午後1時くらいから在廊の予定です。

061020

2006年10月16日 (月)

週末

この週末は、在廊していましたが、たくさんの方に来ていただきました。もしかしたら新宿展より多かったかもしれません。しかも、皆さんじっくり見ていかれます。
わたしは、日曜日にはついに風邪をひいてしまい、かなり辛かったです。

061016


061016_1

展示内容は、土曜日の朝にすこし入れ替えて手直しし、BGMも鳴らすようにしました。映画「出口のない海」のサントラ盤です。

061016_2

061016_3

個展はまだまだ続きます。土日のほか、平日も午後から在廊したいのですが、予定はわかりません。できれば木曜日といったところです。中央の柱の裏には、ご意見ノートも置いていますので、自由にコメントください。

2006年10月12日 (木)

大阪展開催

今日は大阪展のオープニングです。

お客の流れは、新宿ほど多くはありませんが、思ったより多かったです。また、初日は在廊しているということを知ってか知らずか、知り合いも多く来てくれました。

6時にギャラリーがしまってから、知り合いの専門学校講師やカメラマンの方々と居酒屋に直行、楽しいひとときを過ごしました。

あす、金曜日はおりませんが、土日は在廊しております。みなさまのお越しをお待ちしております。

061012

2006年10月11日 (水)

大阪展搬入

搬入にいってきました。

午後1時から休館日のサロンで作業開始。

まず、プリントを並び順に床に並べ、間隔を決めていきます。壁ごとに流れを意識した配置ですが、このあいだ作ったスライドショーの並びを意識しています。また、新宿展とは何枚かは入れ替えしています。
061011_1

061011_2

個々に簡単なキャプションをつけています。
061011_3

なんとか形になりましたが、私的にはバランスの悪い壁面があって、もうちょっと考えた方がよかったかなと思っています。
061011_4

ご意見ノートを用意していますので、自由にかきこんでください。
あす、初日は終了後に飲み会の予定です。場所は未定ですが、ご参加ください。

2006年10月 6日 (金)

並び順

大阪ニコンサロンは広々した会場だ。
ただし、奥が袋状に広くなっており、柱が一本通っている。

新宿では、真ん中の仕切りを利用したので狭くなったが、大阪ではその必要はなく、作品をぐるっと流れにして展示できる。それに、もう2点ほど多く展示できそうだ。そこで、例のゾウさんの写真を大きなタイトルとして使うつもり。

作品の流れは、新宿展の配置を踏襲するか、どうか、考え中。こういう作業は、パソコンの画面では実感がわかない。模式図をつくってあれこれ並べて考えた方がいい。
061006_2

2006年10月 5日 (木)

SAVVY 11月号

アート/イベントのページにのってます。
0609071

印刷の色は、まあまあです。
060907_5

2006年9月27日 (水)

作業中

結局、問題のあるプリントはすべて出力しなおした。

44インチ幅のロール紙に出力したので、余白がもったいないが仕方ない。最初から36インチ幅のロール紙でやっておけば、こんなことにはならなかった。ヨドバシカメラに在庫がないのだから仕方ない。

さあ、搬送箱の蓋を下敷きにしてペーパーのカットオフにかかろう。部屋はこんなふうに乱雑なままだが、大阪展がが終わったら大掃除だ。

060927_1

060927
足の踏み場はございません。

2006年9月23日 (土)

スライドショー

「サヨナラ軍艦アパート」の作品の一部をスライドショーにしてみました。
「gunkan.mov」をダウンロード

060923

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31